シミ取り化粧品以外の治療方法はある?

MENU

ハイドロキノンはどれぐらいシミに効く?

ハイドロキノンという成分を聞いたことはありませんか?シミ取り化粧品を検討している方なら聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

細かいことはわからなくても、

 

強力な美白効果のある成分

 

と思っている方も多いのではないでしょうか。

 

では、一体ハイドロキノンはどのように良いとされているのでしょうか。

 

ハイドロキノンは、コーヒーや紅茶、麦芽やイチゴなどに含まれた天然成分です。

 

紫外線によって肌細胞が傷つくのを防ぐためメラニン色素が作られ、そのメラニン色素がシミの原因となるのですが、メラニン色素はチロシナーゼという酸化酵素が活性化して作られるので、ハイドロキノンはその酵素の働きを抑え、メラニン色素が生成されるのを防ぎます。さらにメラニン色素を作るメラノサイトという細胞を分解します。ハイドロキノンはこのように2通りの方法でメラニン色素の生成を予防してくれます。

 

ハイドロキノンは、欧米諸国で効果の高さが認められ40年以上前からシミ取り化粧品に配合されていることからもわかる通り、美白に欠かせない一番有名な成分と言えるのではないでしょうか。

 

しかし、これだけ欧米で効果の認められたハイドロキノンですが、日本では医薬部外品に配合できる美白成分として認められていないのです。
もちろん日本でも以前、ハイドロキノンを美白有効成分として利用の申請がされました。しかし、肌のかぶれなど肌荒れの事例が多く出てしまったため、その当時の厚生省がハイドロキノンの使用を許可しませんでした。

 

そのため数十年間、化粧品に配合できず皮膚科などの医療機関のみでの使用となっていました。

 

その後ハイドロキノンの化粧品への配合が認められたのは、2001年に薬事法の改正により規制が緩和されてからでした。

 

ハイドロキノンの使用が認められたからとはいえ、比較的刺激が強いハイドロキノンを化粧品に配合し販売するには、化粧品を販売する際メーカーが行う化粧品の安全性テストに合格しなければ販売できません。
ですので、配合する際には高い技術が必要なのです。

 

ハイドロキノンの美白力はどれぐらい?

 

「シミに直接働きかけるから」

 

シミの消しゴムと言われるぐらい強力です。

 

ハイドロキノンはそばかすや茶色いぼんやりとしたシミも効果的である一方、ニキビ跡や傷後で色素沈着にも効果があると言われています。

 

 

 

ビーグレンは注文日から365日間の返品や返金保証をしているので、初めての人でも安心ですよ。
美白ケア(trial)

関連ページ

レーザー治療は本当にシミ取りに効果的?
レーザー治療はシミ取りの治療方法としてとても効果的だと言われていますが、本当にそうなんでしょうか?レーザー治療は保険が適用されないので、費用もしっかりと確認することが必要です。
シミに効く食べ物5選!!シミを改善してくれる栄養素は?
シミを改善する食べ物を厳選して5つ紹介します。シミ取り化粧品も使いながら体の中からのケアも大事です。毎日の食事を見直しながら、シミのない透明感ある美肌になろう。