顔のシミ そばかす

MENU

シミとそばかすの違いって?

シミ,そばかす

 

シミとそばかすは見た目はほとんど同じなので、どちらがとうで、何が違うの??

 

症状が似ているので言い方の違いだと思っていませんでしたか??

 

実は「シミ」と「そばかす」は別のものなんです!!

 

シミとそばかすの違い シミ老人性色素斑) そばかす(雀卵斑)
いつぐらいにできた? 30代以降にできやすい 幼少の頃からある
できる場所は? 両頬や額、目の周り、左右対称にできやすい 頬ち鼻のあたり、細かくできる
原因は?

・産後のホルモンバランスの乱れ
・ストレス
・生活習慣の乱れ
・後天性のメラニン疾患

・遺伝的な要素が強い
・若い年齢からのそばかすは加齢とともに薄くなる
・大人になってできると自然に消えることはほとんどない

対策方法

・紫外線対策
・毎日のスキンケア

・紫外線対策
・毎日のスキンケア

そばかすを消したいと悩んでいる方へ

30代の前半からそばかすが出てきて、気にしないでおこうと思っていたのですが、だんだんと濃くなっていることに気づき、

 

それからはかなり気にするようになってしまった私。

 

どんどんと濃くなって増えていくそばかすを鏡で見るたびにガッカリ。でもどうしようもなく困っていました。

 

↓そんな私にぴったりでした↓

フレキュレル

 

 

もっと深くそばかすについて調べて見ました↓

 

知らないと怖いそばかすのこと

 

そばかすは2種類ある

思春期にできて自然と消える先天的なものと大人になってできる後天的なものと2種類あります。
後天的なそばかすの原因は、お肌に負担をかけているスキンケアや洗顔方法、お肌に合わない化粧品を使い続けている。
そして、過度のストレスやビタミンやミネラル不足、睡眠不足。
最も大きな原因は「紫外線」です。

 

そばかすは濃くなる

後天的なそばかすはだんだんと濃くなっていく傾向があります。
そうならない為にも紫外線との接触頻度を減らし、スキンケアをしっかりすること。
しっかりとケアしていくと、少しずつ薄くなって目立たなくなっていきます。

 

そばかすは復活する

そばかすの原因はメラニンによる色素沈着。
そばかすをレーザー治療するしかないと思っている人が多いけれど、肌への負担はかなり大きいです。
そこまでして一時的に綺麗になっても、レーザー治療をした肌は紫外線の影響が受けやすくなってしまい、しっかりとケアしないと復活してしまいます。

 

そばかすの発端は活性酸素

紫外線などの刺激で活性酸素が発生するのと、その刺激でメラノサイトが活動し始めて、そばかすの元になるメラニン色素を生成します。
紫外線から守るために、メラニン色素が増殖してしまい、そばかすができるのです。

 

そばかすは春から夏にかけて

メラニン色素の増殖でできるそばかすが、紫外線の強くなる春から夏にかけて、濃くなる傾向。
冬でも乾燥により肌力が弱まるとターンオーバーが乱れてしまいます。
1日中をしっかりと1年間紫外線を対策することが必要

 

生理前はそばかすが濃くなる

生理前や妊娠中は黄体ホルモンが増えてシミやそばかすが濃くなる傾向があります。
黄体ホルモンは女性らしさを作る反面、メラニンを生成するホルモンを作る役割があるので、
生理前や妊娠中はいつも以上に紫外線対策をすることが必要

 

 

 

 

 

シミを飲む医療品で治すならコレ↓

キミエホワイトプラス

 

キミエホワイト

関連ページ

シミはなぜできるのか?しみができる仕組みとは?
シミを消したいと思っているのであれば、まずシミがなぜできるのかをしっかりと理解することが大切。必ず原因はあります。今後少しでもしみを作らないライフスタイルを教えます。
シミの種類を知ることでシミの消し方もわかる!!
シミの大きさや色、体のどの部分にシミができるかによって種類があります。自分はどのシミのタイプなのか知ることで治療に役立ちます。