シミの種類

MENU

あなたはどのシミの種類ですか?

シミといっても色んな種類のシミがあることを知っていますか??
自分のシミがどの種類なのか知ることで改善のしかたも変わってきますよ♪

 

「いつから」
「どこに」
「どのように」

 

シミの種類,消し方
思い出して見てください!!

 

 

気になる顔のシミの種類はどれ??

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

ほとんどの女性の悩みのシミの代表がコレ。初期は薄く出てくるのですが、だんだんと濃くなったり広がったりして厄介です。初期の段階で気付くことができれば、美白美容液やシミ取り化粧品でなくなることが可能です。

 

雀卵斑(じゃくらんはん)

これはあのそばかすです。これもシミの一種です。私もこれに悩んでいます。遺伝的なものなので、出てくるのを防ぐのは難しいです。一般的なシミと違ってそばかすは小さくて薄いので、メイクの下地などで隠すことは可能です。美白化粧品でも薄くできますが、完全になくすことはできないものです。

 

肝斑(かんぱん)

これは、目尻の下にでてくるシミのことです。老人性色素斑と違って美白化粧品の効果が出にくいことがあります。でも

肝斑は、内側から薬を飲むことで改善

できるんです。その薬とはトラネキサム酸を配合した薬です。老人性色素斑と区別がつけば、改善方法が判断できます。

シミを内側から薬で改善するならこちら↓

キミエホワイトプラス

 

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)

老化が進むとイボのようなものが出てくることがありますが、それは老人性色素斑に皮脂が混ざってしまって悪化したものです。これもシミの一種ですが、レーザー治療しか効果はありません。

 

摩擦黒皮症(まさつこくひしょう)

皮膚が繰り返し摩擦によって刺激を受けて、メラニン式をが皮膚に沈着してシミのように黒ずむことです。

 

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

虫に刺された後やニキビ跡などの赤いシミのことです。シミの一種ですが、時間の経過によって自然に治っていくことが多いです。即効性を求めるなら、ピーリングがおススメです。

 

 

 

関連ページ

シミはなぜできるのか?しみができる仕組みとは?
シミを消したいと思っているのであれば、まずシミがなぜできるのかをしっかりと理解することが大切。必ず原因はあります。今後少しでもしみを作らないライフスタイルを教えます。
実は全く違う??シミとそばかすの違いって??
シミとそばかすは同じだと思っている人は多いかと思います。似ている点はありますが、シミとそばかすは全く別物なんです。それぞれの特徴と原因、対策方法について教えます♪