脂性肌(オイリー肌) スキンケア 化粧品

MENU

脂性肌(オイリー肌)の人がシミができにくいようにするには?

オイリー肌の人は乾燥肌や敏感肌に比べると、シミはできにくいと言われています。
だからといって、何もしなくて良いというわけではありません。

 

しっかりスキンケアをする事で、シミをよりできにくく出来ます。

 

きちんとメイクを落とせていないと、酸化が始まって酸化資質が発生します。
そうすると肌は老化していき、老けて見られるようになってしまったり。

 

シミもできてしまったり、ドラブルになってしまいます。

 

脂性肌(オイリー肌)のスキンケアの選び方

 

オイリー肌の人は、メイク落としを使う時に拭き取りタイプはあまりよくないです。

 

クリームタイプかミルクタイプがおすすめです。

 

洗顔は、弱酸性などを使用するよりも、泡立ちが良い商品を選びましょう。
泡で綺麗に皮脂汚れを落とす方が大切です。

 

化粧水や乳液は、しっとりするよりも馴染みやすい物が良いですね。

 

オイリー肌は汚れをそのまま放置しているとニキビができやすくなってしまいます。

 

1時間経過していないのにも関わらず、テカリが出てきてしまったり・・・。
オイリー肌にぴったりな成分、それが「ビタミンC」です。

 

ビタミンCは皮脂分泌を抑制する働きがあるのでぴったりですよね?

 

サプリメントでもビタミンCを摂取する商品がありますが、服用して内部から綺麗にする事も良いです。

 

ただ外側からもしっかりビタミンCをとった方が良いので、化粧品はビタミンCで配合されている物などがおすすめです。

 

ビタミンC誘導体には、毛穴の中につまった汚れやニキビの炎症を抑える働きがあります。

 

もちろんシミにも効果的なので美容成分をチェックした時に「ビタミンC誘導体」と書かれているかどうか、確認した方が良いです。

 

あとはフルーツ酸(AHA)が良いです。
こえは自然由来のピーリング成分です。

 

この2点が配合されているスキンケア商品を選べば問題ないでしょう。

 

ただし、肌は人によって違いますから合わないと思った時は直ちに使用をやめてくださいね。

 

 

脂性肌(オイリー肌)の人の洗顔方法

 

洗顔する時も、適当にやると汚れが取れません。

 

念入りにごしごし洗いたくなる気持ちもわかります。

 

でも皮脂汚れというのは、ぱぱっとした洗い方でも十分落とせちゃうんですよ。

 

ごしごし洗いすぎてしまうと、余計肌に負担を与えてしまう事になるので、やめた方が良いです。

 

泡だてネットなどを使って、たっぷり泡立ちさせた石鹸でやるのが良いですね。

 

朝と夜だけ洗顔すれば問題ないでしょう。

 

あぶらとり紙はダメ!

 

テカリが気になると、あぶらとり紙を使ってしまう人がいますが、かえって逆効果なのでやめましょう!

 

スキンケアを毎日正しく行なっていれば、30代40代でもシミに悩まされる事なく、綺麗な肌を維持できますからね。

関連ページ

乾燥肌の人はどんなスキンケアしている?対策と治す方法は?
乾燥肌は秋冬が多いですが、1年を通して悩む方が多くいます。顔が乾燥していると化粧のノリも悪く、顔も突っ張ってしまいます。そんなお悩みの乾燥肌の原因と対策、改善方法を教えます。